トップページ − ギターメニュー − DIGI-ZO HYPER 入手
DIGI-ZO HYPER 入手
日曜日とか休みの前の日とかのゆっくりとギターの練習ができる時はマーチンD−28を弾くことが多いんですが、平日はそうそう時間が取れません。でもちょっとした時にすぐ弾けるように、ギタースタンドにZO-3を立てかけてあります。だから平日はほとんどZO-3を弾いてます。

マーチンD−28はネックの反りとボディの膨らみ防止で、弦をデロデロにしてハードケースにしまってあります。そのたびにチューニングするのって結構面倒なんです。チューニングメーター使ってもけっこう時間かかるんですよね。


ちょい弾きにはやっぱりZO-3
基本的にZO-3はZO-3専用弦を使えばチューニングした状態でもテンションは緩めです。アコギに比べるとですが…

だからネックの心配も無いんです。そもそもショートスケールだからZO-3のネックは反らないですよね。そしてボディの膨らみなんかはエレキと一緒で無縁じゃないですかZO-3は。だからZO-3はチューニングしたまんま置いておけます。小さいところも良いですよね。

で、夜に30分でも時間が出来ればZO-3でポロ〜ン♪とやってました。電源入れたりアンプにつながなければ音も出ないのでアパートでは重宝します。

そんなZO-3なんですが、ZO-3の上位機種でDIGI-ZOというのがあるんです。マルチエフェクターやチューナー内蔵、さらにはリズムマシンまで搭載してるんです。普段ZO-3弾いてるとやっぱり欲しくなりますよね。


ヤフオクでDIGI-ZO HYPER 入手
欲しいのは山々なんですが、DIGI-ZOは人気があって高いんです。ヤフオクのジャンク品でも1万円前後の価格になります。

このDIGI-ZOにはノーマルのDIGI-ZOとHYPERというのがあります。最近はタッチパネルの付いたULTIMAという機種もあるようです。
でもULTIMAは電池駆動できないようだし、パワーも15Wになってしまい、さらに値段も高いってことで買う気にはなれません。安かったとしても電池で使えないんじゃZO-3じゃないですよね。

で、ノーマルのDIGI-ZOとHYPERの2択となるんですが、当然HYPERの方が値段が高いです。DIGI-ZOが25,000円くらいで、HYPERだと35,000円〜45,000円くらいです程度が良ければさらに上乗せがあります。指をくわえてずっとオークションをチェックしてたんですよ。DIGI-ZOが出品されるたびにウォッチリストに入れて…

そんな状態が1ヶ月以上続きました。もちろん入札も試みましたが勝てませんでした。

ところが、日曜日の朝に出品された赤いDIGI-ZO HYPER。開始価格が20,000円で希望落札価格が22,000円… 付属品は全て揃ってるし大きなキズも無し。

いいのかな?

と考える間も無く希望価格で落札してしまいました! オークション開始から1時間もたってません(笑)

DIGI-ZO HYPER
上の少し薄めの赤いZO-3がDIGI-ZO HYPER PSR(パッション・レッド)です。下の濃い赤色のZO-3はノーマル。赤いストラップをDIGI-ZOに移植して今日からDIGI-ZOがちょい弾き用のメインギターとなりました。

デジゾー ハイパー 
まだこのデジゾーハイパーの使い方をよく理解してませんが、リズムマシンの音を出しながら練習するのって結構良い感じです。
いろんな音が出せますが、80音色もあるのでまだ覚え切れません。ほとんどノーマルに近い音を使ってます。エフェクターをバイパスしてノーマルの音もなかなか良いと思います。そうそう、内臓されたチューニングメーターは便利ですね。

ネット販売のアマゾンでも5万円近くするようです。かなり安い買い物だったと思います。ラッキーでした!!


後日、DIGI-ZO HYPER PSRの専用アダプタ、APU-2000も購入しました。