トップページ − ギターメニュー − SE-450のケース探し
やっと見つけたStafford SE-450のケース
暇な時に家でポロン〜と爪弾いているStafford SE-450。エレアコだからアンプにつながなければ音は小さめ。だけどエレキと違って胴鳴りするからそこそこな音量は出ます。アパートの隣に気を使わずにギターの練習ができるので重宝します。

さて今日は、ギターケースを購入する時にはちゃんとサイズを測ってから買いましょう!という話です。当然なことなんだけど、それを怠ると私のように無駄な出費をすることになりますよ。

以前の記事(こちら別窓)で少し触れましたが、ハードオフで新品のアコースティックギター用のソフトケースを購入しました。
新品で購入したギターケース 少し小さくてはみ出したStafford SE-450
それが上の写真です。長さのサイズが足らずにSE-450の頭が飛び出しています(汗)

これでも裸で置いておくよりはマシですが、メインで使っているギターなのでやっぱりちゃんとSE-450が収まるケースが欲しいところです。
そこでヤフオクでギターの型名不明のジャンク扱いで出品していたStaffordのギターを落札してしまいました。
ヤフオクで購入したハードケース Stafford SSC-700X
商品が到着するまでは、このギターはSE-350だと思ってました。だって似てるでしょ。
ギターはサウンドホールが削られてるし、ピックアップの操作部も無く、まさにジャンクでした。でもケースはそこそこキレイです! このケースが使えれば、ケースに入っていたジャンクギターは捨てちゃおうと思ってました。

ケースに入らないSE-450
で、さっそくケースに入れてみたのが上の写真。

げっ、入らない…

無駄なギターと無駄なハードケースが増えてしまいました。狭いアパートなのに…
このギターはサウンドホールの奥の方にSSC-700Xと刻印されてました。調べてみると定価70,000円のエレアコなんですね。SE-450よりも高い! そしてエレガット、つまりナイロン弦のガットギターだったのです。ネックは細いんで一般的なガットギターではありません。エレキやフォークギターを使ってる人でも違和感無く弾くことができます。

サウンドホールが削られていたり部品が取り外されているけど、磨いたら意外にもキレイになりました。復活させたいですね、このギター。まぁこの話はまた別のページで。

ヤフオクで落札したハードケースに入らなかったのはショックでしたが、ハードオフを数件まわって、またギターケースを買ってしまいました。
ハードオフで買ったタカミネのケース SE-450が入った!
値段は2,000円です。もちろん中古。タカミネのギター用のケースです。どんなギターが入っていたのかは不明ですが大きいので買ってしまいました。前回の失敗から何も勉強できていなかったようです…
今回もサイズを測らずに買ってしまったのですが、SE-450を入れてみると入らない…、いや、強引に入れるとなんとか収まりました。

あまりにもキツすぎてチャンクを閉めるとペグが干渉し回ってしまいます。そのせいでチューニングが微妙にズレます(汗)

まぁでもとにかく入ったのでStafford SE-450のケース探しという目的は達成しました。

残ったのは新品のソフトケースが1つ、そしてジャンクなSSC-700Xとハードケース。さて、これをどうするかを考えなければなりません。捨てちゃおうかな…